TOP > その他の山 > 茶臼山/萩太郎山
2009年6月14日
日帰り


40.茶臼山
    (標高1415.2m)

登山日 2009年6月14日
登山時間 茶臼山高原第四駐車場⇒茶臼山山頂 (10:40⇒11:15/往復・約1時間50分)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ、時々曇
短評 場所がやや遠いが、気軽に登れて景色も良く、そして高原の為涼しくて良い。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



相棒の体調が優れなかったので、気楽に登れる山を選んだ。
1時間程度で登れる茶臼山は、登山道もしっかりしており最適だろうとの判断だ。

自宅を出たのは8時半だったが、予想以上に遠く、結局茶臼山第4駐車場に着いたのは10時半過ぎだった。今の時期はちょうど「芝桜祭り」の終盤らしく、結構な人で賑わっていた。芝桜自体はもう終わってしまっているようだ。

車を降りると、これまでの登山にはない涼しさを感じた。さすが県下最高峰の登山口である。ここで既に標高1000m以上もある。駐車場北側にある登山道入口の看板横から歩き始める。道はそこそこ平坦で歩きやすい。ただ、標高が高いせいか、歩き始めてすぐに息が苦しくなった。


茶臼山(萩太郎山ゲレンデより) 茶臼山登山道入口 最初はまあまあ平坦


歩き出してすぐに「自由の広場」なる場所に出た。
何が自由だか分からないが、景色は良く、幾つかのベンチや机が置いてある。お昼ごはんを食べるのに最適な場所である。少し休憩する。背後にはこの茶臼山の後に登ろうと考えている「萩太郎山」が良く見える。

再び登山道へ。ここから木が茂った道へと登山道が変化する。
そこそこ整備されており歩きやすいのだが、登りが結構急で、しかも木のせいでこれまで感じていた風が無くなり、汗がじわじわと出てくる。展望台があったので登って見たが、ちょっと雲が出てきてあまり景観は良くない。残念。

そのまま急なのぼりを10ほど歩くと、ちょっと視界が開ける。


自由の広場 木々の中を登る やがて空が見えてきた


山頂だ。歩き始めて約30分。予想以上に楽な登山だった。でも、ここは標高1415mの愛知県最高地点。遠くに色んな山々が見える。景色はなかなかだ。
写真撮影をし、下山は別ルートにした。鉄塔の展望台を見て、雷岩、そして先程の自由の広場に出るルートだ。

自由の広場でおにぎりを食べる。ちゃんとした机とイスがあるので、食べやすい。しかも涼しくて、景色もいい。ここはいい。これまでの中でも最高のお昼スポットである。


そのまま第四駐車場まで降りる。お昼を入れて約2時間であった。


茶臼山山頂(1415.2m) 鉄塔の展望台から(晴れていれば南アルプスが見える)) 雷岩



41.萩太郎山
    (標高1358.2m)

登山日 2009年6月14日
登山時間 茶臼山高原第四駐車場⇒萩太郎山頂 (12:35⇒12:10/往復・約1時間)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ、時々曇
短評 時間は短いが結構登り坂が続く。
山頂の景色は良く、ゲレンデを下って帰るととても気持ちがいい
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)


体力がまだあったので、目の前にある「萩太郎山」に登る事にした。
茶臼山と言えば愛知県唯一のスキー場とのイメージがあるが、実際コースがあるのはこの萩太郎山である。そして芝桜が植えてあるのも、この萩太郎山。無残に木が削られ、何とも可哀想な姿をさらしている上、全ての名前を茶臼山に持っていかれているこの「萩太郎山」にちょっと同情する。。

リフト乗り場には、多くの人だかりができていた。
芝桜祭りがまだ終わっていないらしく、それを見込んでかたくさんの人が来ているようだ。出店で物を買う人や、リフトに乗る人。こんなに賑やかな登山は初めてかもしれない。

リフト横を過ぎ、ゴーカート乗り場を越えると「萩太郎山登山口」が現れた。
何とも不気味である。。


萩太郎山 リフト乗り場は大勢の人がいた 不気味な登山口


何か不気味な登山口をくぐると、すぐに急な勾配が目に入ってきた。
これまでの楽観ムードが一気に崩れる。
「やはり登山だ。」

メジャーな茶臼山とは違い、歩く人が少ない為か、登山道もかなり荒れている。登れないほどではないが、無残な丸太などを見ていると何だか寂しい感覚以上に、愛着も湧いてくる。不思議なものだ。
周りからは茶臼山に上ってくるバイクの音や、リフトの音などが鳥の声に混ざって聞こえてくる。不思議な登山だ。

結構登りはきつい。他に登山者が誰もおらず、気楽のなのはいいのだが、なぜか寂しさ感が湧いてくる。不思議な場所だ。
しばらくすると木々のトンネルが開け、背の高い草が多くなってきた。直感的に山頂が近い事が分かる。

登山道から20分程で公園に出た。芝桜祭りをやっている場所だ。ここまで来るとたくさんの人が歩いている。突然人が増えたことにちょっと戸惑いすら感じるほどだ。
そのままリフト降り場まで歩く。萩太郎山山頂到着。30分ほどで着いてしまった。

登山道は結構荒れている 山頂付近では芝桜祭りがやっていた 萩太郎山山頂


しばらく景色を眺めた後、ゲレンデを通って第四駐車場まで下る。
このオフシーズンのゲレンデというのが気持ちよくて、とても良かった。広い平原に、涼しい風。雄大な茶臼山を眺めながら、ニッコウキスゲなどの花を愛でる。草原にシートをひいて、少し休む。贅沢なひと時だ。

帰りは草原(ゲレンデ)を下る 高山植物「ニッコウキスゲ」 茶臼山高原第四駐車場(昼頃撮影)


萩太郎山から駐車場までは20分程度。気持ちよく下って、今日の登山を終えた。
こんな涼しい登山は、夏の暑い時までとっておいたほうが良かったかな、、と思うぐらい涼しくて気持ちよい登山であった。





アウトドア&スポーツ ナチュラム


愛知の130山へ

TOPへ