TOP > その他の山 > 蚕霊山
2009年7月20日
日帰り


19.蚕霊山
    (標高434.2m)

登山日 2009年7月20日
登山時間 県道354号線発出所付近⇒蚕霊山山頂 (08:25⇒09:05/全行程約1.5時間)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れのち曇り
短評 土の山道がまったくない。登山と言うよりは参拝。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



前回は雨上がりの次の日、初のヒル遭遇を経験してしまったので、今回は比較的楽な山を選んだ。
蚕霊(こだま)山。山頂にある蚕霊神社まで車で行けるほど楽な登山道だ。

麓に到着後、県道354号線を走りながら駐車場を探す。適当に停められるスペースを見つけ、いざ出発。今日は梅雨の終わりで荒れ天候の中でも、結構晴れた日だ。
今回は最初からアスファルトを歩く。天気も良く、道端に咲く花なども撮影する余裕もある。先週の岩古谷山とは偉い違いである。

蚕霊山(こだまやま) 最初からアスファルトを歩く 道端に咲いていた花


しばらく歩くと小さな美術館を発見。でも月曜定休。今日じゃん。。
ひたすらアスファルトを歩く。
登りが続くのだが、それほど角度もないので大したことはない。それよりこのコースって土の登山道はないのかな。。まだ湿った車道をただただ歩く。
歩き始めて10分で一応登山口に到着。熊が出ることもあるそうだ。本当に?


美術館(月曜定休・・) アスファルト道 登山道、熊が出る?


もちろんここからもアスファルト。多分だが、このコースはずっとこのままだろう。そんな気がしてきた。
ウグイスが鳴くのどかな車道を歩く。時々猿投の景色が眺められ嬉しいのだが、道が何ともつまらなくどうしようない。

登山開始から40分。
建物が見えてきた。神社のようだ。山頂だ。ランクAとはいえ、今回は簡単すぎた。正直登山と言うよりは、参拝に近い気がする。ここに限って言うならば、トレッキングシューズじゃなくてスニーカーでいいような気がした。逆にトレッキングシューズだと靴底が磨り減ってしまい勿体ない。何はともあれ登山成功。

帰りももと来た道をゆっくり下った。

山頂までアスファルト 蚕霊山神社 小さなプレート





愛知の130山へ

TOPへ